梅雨とバイクと私

日本列島くまなく梅雨となりました。例年になく梅雨らしい梅雨で、毎日のようにシトシトと雨が降り続いています。

週間予報を見てもずーーっと雨の予報が続いていて気が滅入りそうです。

これほど雨が続かれると、バイクはツラいものがあります。

 

以前、雨の日を避ければ問題ないでしょ?的なことを言いましたが、一週間も雨に降り続かれると避ける隙きがありません。

せっかく原付二種を広く勧め、二輪業界を盛り上げていこうと勝手に考えているのに、文字通り水を刺された格好です。

 

バイクは基本的に雨に弱い乗り物です。タイヤが2つしか無いので路面の変化には弱いし、濡れたマンホールの蓋などは思いの外滑ります。

また、雨に濡れた後は適切にメンテナンスしないと錆や故障の原因にもなりかねません。

特にチェーンは完全にむき出しですから、雨を浴び続けるとグリスも流れ落ち、簡単に錆びてしまいます。

 

と言っても、メンテナンスについてはスクーターならばそこまで気にしなくても良いかもしれません。

ATのスクーターは基本的に全てCVTなのでベルト駆動ですし、そもそも殻に覆われているので直接雨を浴びることはありません。エンジンもプラスチックのカウルに覆われています。

掃除のしやすさは車と大差ないかも?

 

あとは雨さえしのげればいいんですけどね。。。

雨の日でもバイクに乗るのは、これしか乗るものがないか、好きで乗ってるか、のどちらかしか無いでしょう。