距離を採るか燃費を採るか

毎日の通勤路を少し変えました。

今までは朝の渋滞を避け、少し遠回りになるのですが信号も少なく快適に走れる道を選んでいました。

ところが、カーナビの地図を見ていると、「少し」どころか「結構」遠回りをしているように思えてきました。しかし最短距離となる国道を選択すると、もれなく朝の大渋滞に巻き込まれます。

 

最短距離を採るべきか、それとも燃費を稼げるルートを採るべきか…分からなければ試せばいい。ということで、迂回路を避け、敢えて大渋滞の国道に真っ向から突っ込んでみることにしました。

渋滞は想像以上で…暑い夏の最中だともう勘弁してくれと言わんばかりに動かない時もありました。

なにせ排ガスが入り込んできたり、前後の車の紫煙が風に乗って入り込んできたりと、窓を開けているのがツラい状況に…

 

そんな状態で2ヶ月ほど試し、燃費にどれほど悪影響があったかというと…数値で分かるほどの差が出ませんでした。

では給油間隔はどうでしょうか?実はこちらも最高記録ではそれほどの差が出なく…

しかし迂回路を走っていた頃は、時々12〜13日と、スコアの悪い時が稀に出たのですが、最短路を選ぶようになってからは概ね15〜16日で安定しています。というか、14日が最低記録で、それ以下が今の所ありません。

最近は月に3回給油することが減っていたのですが、この給油間隔だと納得出来ます。

 

思っていたより渋滞の影響は、燃費に響かないようです(ただしエアコン未使用に限る)