大統領選挙の行方より気になる

今日はJ-REITにとどまらず、日経平均TOPIXマザーズ先物も総じて上げ相場でした。

アメリカは大統領選挙の投票日となっているため、今日は総じて波が少ない、或いはどちらかの陣営有利となった際にすばやく動けるように現金化の動きになるのかなー?と思っていたのですが、市場はそんな素人の予想をいとも簡単に覆してきました。

 

投資家の皆さんは、もうどちらの陣営が勝利するか織り込み済みなのでしょうか?

だとしたら、素人がかき集める情報などクズも良いところです。一生かかっても本業の投資家と肩を並べることなど出来そうにありません。

まあそれは、選挙結果が判明する明日以降明らかになるでしょう。市場の予想通りとなれば更に市場は加速するでしょうし、予想が外れれば暫くは荒れそうです。

…これも所詮は素人のカンでしかないのですが。

 

しかし改めて今見直しますと、ドル円相場と先物、下がってきてます。早くもアテが外れかけてるんでしょうか…

というか、どっちが勝つかというより「もうちょっと早く決着がつくと思ってた」という要素も有りえますね。

 

どっちにしろ、ここのところずっと下がりっぱなしだったので、たまには元気な相場を見せてほしいものです。