ついにネズミがかかる!

未だ続くネズミとの戦い。前回はネズミホイホイの上に食べ物を置いて、様子を見てみるところまででした。

相変わらず小動物が走り回る物音は気になるものの、そもそも餌でおびき寄せているような状態なので、派手に天井をつついて追い出すわけにも行かず・・・

そのうちピタッと物音が止んでくれるのではないかと思いながら日々を過ごしていました。

 

そんなある日、天井裏から「キキッ」と鳴き声が聞こえたような気がしました。

今まで足音はすれど、声を聞いたことは一度もありません。

これはついにかかった?と思いつつも、しばらく我慢して放置を決め込むことにしました。罠にかかったネズミが、最後の力を振り絞って窮鼠ヒトを噛むことになっても嫌だし・・・

 

2日ほど経ち、ついに意を決して天井裏を覗いてみることにしました。

真っ暗な天井裏をランタンで照らし、ネズミホイホイを確認して見ると・・・おっ、います。粘着シートの上にネズミが一匹、ベッタリと張り付いています。

照らしても粘着シートごと揺すっても動かないことを確認し、ふたつ折りにしてそっと取り出しました。

そしてもう一つのネズミホイホイを確認するために振り返ると・・・ぎゃーっ!!

いました。こっちにも。しかも3匹。

ま、まさか、こんなにいたなんて・・・

しかもどいつもこいつもでかい。

体調5cmほどはありそうな、まるまると太ったやつばかりです。尻尾も入れたら10cm近くあるんじゃないでしょうか。

あまりにもビックリして、写真を撮る気も失せました。

まあ撮ったところで、とてもこんなところでお見せ出来る絵面じゃありませんが。

どのネズミもピクリとも動かないことを確認してから、そっとネズミホイホイごと取り出しました。

 

余談ですが、ネズミホイホイって大きく分けて2種類あります。

ゴキブリホイホイみたいな家の形をしたものと、単に板状(折り目があって、周囲の形状に合わせて多少折り曲げられる)のものと。

家の形をしたものの特徴に「ネズミを見なくて済む」と書いていたのですが、まあ、うん、分かりました。あんまり見たいものじゃないです。

(別に腐敗していたとか、共食いで死骸が損壊していたとかじゃないですが、それでも・・・)

 

けどこんな大きなネズミだと、家の形をしたものじゃ、一匹捕まれば良いほうですね。

板状でも、3匹もいるとほぼいっぱいいっぱいのように思えました。

 

で、これが先々週末のおはなし。

これで解決したのかというと、してません。まだ、小動物の足音が(気配というレベルじゃなく)聞こえてきます。

そしてネズミホイホイを処分したその日に、遅効性の殺鼠剤を天井裏に置きました。

これは継続的に与え続けないといけないので、遅くとも一週間毎にはまた天井裏を覗かなくてはなりません(取説には3〜5日ごとに…と書かれていましたが)

気が重い作業を先週末に行いましたが、殺鼠剤は全く食べていませんでした。

 

もうネズミがいないならいいのですが、居るのは分かってます。

殺鼠剤メーカーのHPには、「食べない場合は餌の上に醤油をすこし垂らしてみる」とあったので、試してみました。

またネズミホイホイも新たに買ってきて置きました。

ホイホイの上にも餌(殺鼠剤)を撒き、醤油を垂らしてみました。

出来る限りのことはやりました。今週末にどのような結果が出ているでしょうか。

 

正直言うと、天井裏を覗くのも、ネズミの死骸を見るのも、気分の良いものではないので、さっさと退去してくれないものかと願っているのですが…

あと、ネズミがどこから出入りしてるのか、それは業者の方に突き止めてもらおうと思いました。

1月締め日にこづかい額を見直し

月末には一日早いですが、最近各日で更新しているブログとの兼ね合いで、今日締めを行いました。これで明日はお金を使えません(ぇ

 

特にお年玉を配る親戚もいないのに何故かお金が出ていくことの多い年末年始ですが、今年はビタ1円たりとも現金が動いていませんでした。

つまり去年末、先月末と全く同じ金額。

…まあ交通系ICカードやクレカ払いばかりだっただけなんですけどね。

しかし特別過剰な消費はありません。今のところ計算通りです。

 

クレカでの買い物といっても「現金が減らないから使ったことにならないよ〜」などとふざけたことはしてませんし使った金額も記録していますから、理性を失わない限りは大丈夫です。

はずです…

 

今月は年も改まったばかりということで、色々調整してみました。

まず、ネット使用額を変更しました。

ドコモのhome5Gに変わって月額利用料も変わりましたから、まあ当然です。

医療保険金も修正しました。これは単純に金額を間違えていたので修正しただけです。

NHKの視聴料も、地上波契約に戻したので修正です。

 

最後に一ヶ月に使えるこづかい額も見直し、5,000円減らして25,000円としました。

別に早速お金に困ってきたというわけではないです。

現実問題としてそんなに使わないなと悟ったので、少し減らしたということです。

繰越額が大きくなることで、気持ちまで大きくなっては困りますから。

このあたりは段階的に見直していこうと思います。

 

ドコモのホーム5G開通しました

少し前に記事にした、光ファイバー回線をどうにかしようと言う件ですが、ドコモのホーム5Gに鞍替えすることにしました。

というか、既にホーム5G導入しました。

色々直に聞きたいこともあったのでドコモショップに足を運んでみたところ「在庫ありますよ」ということになり、そのままお持ち帰りしてしまいました。

 

結論から言うと、ホーム5G、メチャ楽です。

DHCPサーバ、Wi-Fi機能も内蔵しているため、本当に電源を入れて電波を掴むのを待つだけ。

SSIDを指定して、本体裏面のパスワードを設定すればそれだけでインターネットにまで繋がります。

しかもホーム5Gルータにつながるのは電源コード一本だけなので、見た目も超すっきり。

悩むところも詰まるところもありませんでした。

 

ただ我が家ではやはり5Gの電波を掴むことが出来ません。一応はエリア内なのに…

まあ今はまだ仮置きの状況なので、部屋を引っ越した後に色々試してみたいと思います。多分ダメだと思うけど。

 

通信速度は、光回線と比べて低下しました。

光回線(100Mコース)は下りが50MB、上りが20MBくらいだったのですが、

ホーム5Gは下りが30MB、上りは7MB。

理論値ではホーム5Gのほうが(たとえ4G接続でも)10倍程度速い筈なのですが…

特に上りの遅さが顕著ですが、まあブログ更新くらいしかアップすることがないのでどうでもいいです。

ただ、これはWi-Fiでの結果です。WAN側が遅いのか、LAN側が遅いのかの切り分けはしてません。

ホーム5GルータのWi-Fiを無効化して、市販のWi-Fiアクセスポイントを外付けすると高速化する可能性もあります。

けどYoutubeTVerを見ていても遅いと感じることが一切なくて、だったら見た目もスッキリしてるし「このままでいいか」という気分です。

 

これで 4,950円/月(税込み)利用制限なし。

・・・もう少し安くならないかなぁと、正直思いますが(特に実効速度、5G…)

光回線も契約後の割引期間が過ぎれば7,000円/月程度になってきますからねえ。

(私は既にカタログ落ちした低速回線契約だったので、4,000円ちょっとでしたが)

家族みんながネット回線を使うのでとにかくバックボーンが速くないと困るというのでなければ、もう光回線に拘らなくても良い気がしてきました。

 

ちなみに、ドコモ以外のホームルータは考えなかったのかと思われているかもしれませんが、UQ等は全く5Gエリアにかからず、当面の工事予定もないとのことで諦めました。

結果としてドコモの5Gも掴まないので同じだった気もしますけども。

 

ああ、あとひとつ。

今までの光回線は平日夕方頃になると異様に通信が重くなり、Twitterはてなブログが表示されるまでかなり時間がかかることがあったのですが、ホーム5Gでは今のところそういった現象がありません。

都市部では逆にピーク時のホーム5Gの速度低下がひどいという噂も聞きますが、田舎では随分条件が違うようです。

すり減る靴底と減らないタイヤ

最近、路面の状況がダイレクトに足に伝わってくるように感じて、靴を確認してみると、靴底がかなりすり減っていました。

今の靴を買ったのは、一昨年(2021年)の10月のこと。

まだ歩くことに支障はありませんが、濡れたタイルの上なんかは注意しないと滑るかも。それくらい溝がなくなりかけています。思ったより早く履きつぶすことになりそうです。

まあウォーキング用の靴くらいならそんなに高いものではないですから、これは必要経費とみるしかないです。

靴をケチって出歩かないで、それで足腰が弱ると余計に高くつくことになりそうですし。

 

よく歩くようになった代償に、自転車に乗る機会が少なくなってしまいました。

「バイクや車は定期的に動かしてやらないとー」と思っているのですが、自転車まで手が回りません。

以前(ブログを始めるよりずっと前)、車に積んでどこにでも行けるようにと買った折りたたみ自転車。

最近は車庫の隅でホコリを被ってます…

 

さすがに、徒歩、自転車、バイク、車と、4つも面倒を見るのはかなり大変。

「じゃあ自転車でも運動になるんだから徒歩をやめたら」と思われそうですが、徒歩数は住友生命のVitalityに記録され、獲得ポイント数で保険代が安くなる設計になっているため、やめることが出来ません。

自転車も運動として記録してくれると助かるんですけどねえ。

まあどうやって自転車かどうかを判断するんだってのがありますから、難しいのでしょうが。

 

話は変わりますが、GoogleMapのタイムラインに記録されている、移動手段って結構正確ですよね。

バイクで移動した時はキチンと「バイク」と記録されていて、どうやって車とバイクの違いを見分けてるんだろうと不思議に思いました。

まあ低速で走ってると自転車と勘違いされることもありますが。

 

あの技術で、Vitalityもなんとかならないかな。

シックスパックはいつ手に入る?

まだ保健福祉課からの呼び出しがないのですが、あろうとなかろうとやることをやるだけなので、自分を甘やかすことなくペースを守ってトレーニングを続けています。

肘も、普段どおりの生活をしているだけなら特に問題はないのですが、まだ可動域いっぱいまで動かした場合や不自然な方向に力が加わった場合に痛みが出るので、腕立て伏せなどの肘に荷重がかかるトレーニングは数を控えています(やらないわけではない)。

 

そして、先日コメント欄で教えていただいたプランクを筋トレメニューに組み込みました。

どのくらいが適量かわからないので、とりあえず身体が悲鳴をあげない程度ですが。

正直なところ、数が少ないとは言え腕立て伏せもしてるし、その時に上体が動かないようプランクの姿勢を維持してるんだからあまり変わらないんじゃない?と思っていたのですが、思っていたより遥かに効きました。

力の入るところが微妙に違うんでしょうかね。

 

その結果なのかなんなのか、最近体重が急激に減少しだしました。

67kg半ばだった体重が、最も少ないときでは66.6kgに。およそ1kg減です。

まあこれは少ないときのものですが、多くとも67.0kgくらいまでに収まるようになったので、500gくらいは減ったことになります。

しかもここ10日ほどだけで。

 

ただ・・・腹回りがどうなったのか、分かりません。

きちんと脂肪が燃焼して、腹囲が減ってくれてるならいいんですが・・・それにしては急激すぎる気もします。

自分で測ろうとしても難しいんですよね。ついついお腹が動いてしまうので。

一応、少し減ってはいました。90cmが88cmに。測り方が間違ってなければ…

まあもう信じて続けるしか無いです。

 

お風呂に入った時に鏡に写してみると、腹部の上半分は薄っすらと腹筋の割れ目が浮いてきてるんですよ。いや本当に。

なのになんでへそ周りだけこんなにあるのかなぁ。。。

 

お金持ちは地面を踏まない?

昨夜(1月21日の夜)、テレビ東京系列の「アド街ック天国」という番組を見ていました。

横浜の馬車道の特集で、私が住んでいる田舎町とは違う、キレイでおしゃれで何もかもが高価そうな町並みの風景が紹介されていました。

そしてその街にゆかりのある人がゲストとして番組に参加しており、いろいろなエピソードを紹介していました。

 

その中に、大学時代に横浜の元町でバイトをしていて、馬車道は「電車代をケチるために」よく歩いていたという、フリーアナウンサーの神田愛佳さんもいました。

他のゲストが住んでいたり、遊んだ時の思い出なのに対し、神田さんは一風違った貧乏学生時代に抱いたあこがれのような、そんなエピソードをよく話されていたのですが、番組が信濃屋という高級紳士服店の紹介になった時、次のようなエピソードを紹介されていました。

 

「時々店の前を通りかかった時に、高級車で店の前まで乗り付けて、一歩くらいで店に入れる位置にまで車を止せてるのを見て『お金持ちは地面を踏まない』んだなと思った」

二重カッコの部分が画面いっぱいに大きくテロップで。

 

思わず大笑いしてしまいましたがそれは私だけではなかったようで、番組終了後にTwitterを見返したら同じところで反応している人が大勢いました。

ただあとから思ったのですが、この言葉は言い得て妙というか、案外核心をついているように感じました。

多分人間は、地面を踏まずに暮らすために金を使ってる気がします。

 

金のない頃は歩いたり自転車だったりなのに、ちょっと金持ちになればすぐに車を買うし、もっと金持ちになればプライベートジェットとか船とか買っちゃうし。

もうそこまで来たら地面に触れてすら無いじゃないですか。

 

対して私はひたすら歩く歩く。まあ健康維持のためにというのもありますが、ちょっとした用事なら歩きです。

買い物に行っても、店の前まで乗り付けても良いところなんか知りませんから、駐車場から店まで歩く。

地面なんか踏みまくりです。

 

お金持ちだって健康のための運動はするのでしょうが、多分車でジムに乗り付けて(ひょっとしたら自宅のパーソナルジム?)、ひたすらランニングマシンの上を走ってるんでしょう。

運動効率はそのほうが良いかもしれませんが、食べるのに金使って、移動(車)に金使って、運動不足解消にまた金を使うなんて、費用対効果は最低じゃないですか。

食べるの抑えて移動とトレーニングを兼ねて歩けば全然お金かからないじゃないですか。

まあその発想が貧乏人なんでしょうけどね。

 

南米の古代王国の国王は、決して地面を踏まない習慣があったそうです。

地面は穢れた場所とされていて、国王が足を付けるべき場所ではないとされていたそうで。

ひょっとしたら金持ちのDNAにもその発想が刻み込まれてるんでしょうかね。だから自然と地面を踏むのを避けるとか?

けど地面で育ったものを毎日食べてるんですけどね。

 

まあ私は、ずっと地面と友達でいます。

 

長い長い長い戦い

去年末より悩まされているネズミですが、猫のトイレシートを屋根裏に投げ込んでから、少しおとなしくなりました。が、いなくなった気配はありません。

その後のネズミホイホイは今のところ効果がなく、一週間後に確認してみましたがかかっていませんでした。

これ本当に粘着するのか?ひょっとして保護シートが付いてるんじゃないか?と思って端っこを触ってみたら、ベトっとくっついて納豆みたいに糸を引いたので、やはり近寄っていないようです。

弱りました。思ったよりネズミは頭が良いというか、警戒心が強そうです。

 

埒が明かないので、知り合いを通じて駆除業者の方に相談することにしました。

ただその業者の方、一応自分たちで対処をしようとしてるのをみたからか、アドバイスはくれるものの、実作業は行おうとしません。

多分、これ以上やるとお金をもらわざるを得なくなる(業者の方が)ためだと思いますが…

 

ネズミホイホイの上に食べ物(残飯で可)を置いて、寄ってくるか様子を見てと言われたので、今のところそれを実行しています。

ネズミが侵入しそうな場所を探すところまではしてくれたのですが、それらしい場所は見つからないとのことでした。

一体どこからやってくるんだろうなぁ…

 

他に打てる手はないかと思い、ホームセンターで害獣駆除用の製品を探してみました。

超音波を出すネズミ避けや、対ネズミ用バルサン(のようなもの)もありました。

殺鼠剤も検討していますが、即効性と遅効性があるようです。

そういえば、業者の方は遅効性を使っているようなことを言っていました。

遅効性は一度食いつくと油断して定期的に食べてくれるのと、毒で弱ったネズミが明るいところへ逃げ出していくため、屋内で死骸が腐敗する心配が少ないのだそうです。

 

ただ、まだ買ってません。

ホイホイ+餌の結果がまだ出てないので。

 

例の、室内の修繕工事もあるので早めに対処したいところですが、知り合いによると業者に頼んだからといって一朝一夕にいかないことが多いらしく、完全に物音が消えるまで3年ほどかかったと言っていました。

もう、慌てても仕方がないと腹をくくりました。

(そうは言っても物音で目が覚める夜が続いていますが)

 

山が近いし、隣は畑だったり田んぼだったり耕作放棄地だったりするので、ネズミを含む小動物がいくらでもいるのは分かってますが、長らく侵入されたことはありませんでした。

一体どこにネズミが入り込む隙間があるのか。

これは想像以上に長い戦いになりそうです。