その答を誰もが知ってるから誰も問えない

冬の賞与明細が届きました。6ヶ月前、夏の賞与のときには大いにぼやきましたが…

ochiblo.hatenadiary.com

 

結論から言いますと、前年比5%、金額にして22,576円のアップでした。しかし、夏の落ち込みが大きかったため、全体としては前年比-49,532円

ただ、なんとか辛うじて夏冬合計の期待値である90万円をクリアしました。

とりあえず期待値をクリアしたので、明細を目の前にして取り乱すことはありませんでした。一応これで、計算上は貯蓄額が6,300万円の大台にも乗りましたし。

しかし、来年にかけての望みがかなり霞んできたなぁという気分です。

 

2010年以降の賞与額を見ると、全体としてはプラスとなっている年が多いのですが、近年はマイナスが目立ちます。

実は去年は、一昨年に比べて実に10万円以上も下がりました。これで2年続けてのダウン。

会社の業績がよくないならまだ納得も行くのですが、毎年売上目標をクリアしておいてこれですからね。。。

来年もこの調子で下がってしまうと期待値を割り込んでしまいます。自分の中で、ボーナスに関してやや諦めムードが漂ってきました。

 

・・・一体誰が、会社の売上を持っていってるんでしょうかね。

どうして社員に還元されないんでしょうかね。

非上場企業だから株主の顔色も伺わなくて良いはずなのに。

なんだか納得のいかないことだらけです。

 

 

大手銀行など無い土地ですが

大手銀行を中心に「口座維持手数料」なるものの導入を目指しているそうです。

www.huffingtonpost.jp

 

預けていても利子はほとんど付かないのに、ATMを使えば手数料を取られ、口座を維持するだけでも手数料を取られるとなると、なかなか厳しい話です。

もっとも、口座を持っていると一律にかかるわけではなく、普通預金口座で2年以上全くお金を動かしていない口座とのことなので、なんらかの理由でお金を出し入れしているなら問題はなさそうです。

とは言うものの、私も10年以上記帳すらしていなかった口座などもありましたし、あまり油断できません。

 

何やらネットでは「もう銀行に預けない」「全額引出してくる」等と言っている方も多くいましたが…

一説によると、銀行は今、お金を預けてほしくないんだとか。

 

お金を預かっていれば、僅かであっても利息を払わなければなりません。その利息の原資はと言うと、銀行が誰かに貸し付けたお金の利息です。

ところが今の御時世、これだけの低金利だと言うのに借りてくれる企業がなかなかないのだとか。

リーマンショック以降の景気低迷を経験した大手企業は、できるだけ自前で現金をプールしておく重要性に気がついたのでしょうか(知らんけど)。

逆にお金が欲しい中小・零細企業は、貸し倒れを恐れた銀行がなかなか貸さない。

結果、お金を貸す先がないので銀行も利益が上がらず、利益が上がらないので口座維持に経費ばかりかかる少額の口座はできるだけ処分したい…ということでしょうか。

まあ、私の憶測がかなり入っていますので、怒って銀行に電凸などはお控えくださいませ(そこまで私に影響力など無いですね…)

 

銀行にとっての「少額口座」って、いくらくらいまでを差すんでしょうかね。

ちょっと思い出したのですが、母が退職直後くらいの頃、銀行の窓口で振替かなにかの手続きをしたら「数日かかります」と言われたそうなんです。

ところが待てど暮せど、1ヶ月経っても全く音沙汰がない。そこで母が銀行に出向いて直接確認したところ、何かの書類の不備で止まっていたようです。ところがその連絡が母のところに全く来ていなかった。

明らかに銀行側のミスなのに、塩対応を取られた母が怒って「あなた達にとっては少額のことかもしれませんがね!こっちは生活がかかってるんですからね!」とブチ切れたそうです。

因みにその頃の口座は退職金なども振り込まれていて、1,000万円を越えていたそうで。

 

1,000万円でも、銀行にとってははした金なんですよ、皆さん。

「本気で全額引き出すことも考えた」と言ってましたが、その後支店長と、最初に手続きをした行員さん(新入社員だったらしい)が謝りに来たので、とりあえず矛を収めたらしいです。

 

…かなり話が逸れました。

まあ要するに、銀行口座も消費者が賢く選ぶ時代が来るのかなと言った話でした(どこが)

 

年末ジャンボ出費

年末年始は何かと物入りな季節ですが、私も他人事ではありません。

今月の予定、及び予測される出費を数えてみると、結構頭が痛くなってきます。

 

まず散髪。本当は先月中に済ましてしまいたかったのですが、仕事や用事が重なり、12月にずれ込んでしまいました。

これで3,800円。

 

次に、今週末はまた妹に昼飯をおごってやらなくてはなりません。色々と理由があって、1ヶ月に一回の恒例行事となっています。

別に高級店を巡っているわけではありませんが、大凡3,000円ちょっとは必要です。

 

続いて会社の忘年会。もう不参加にしようかと思ったのですが…それほど人数の多くない部署なのでなかなか抜ける機会もなく。

おまけに何故か私、宴会大好き人間と認識されているので、そもそも出欠を確認してもくれません。「参加しないという選択肢はないやろ」と笑福亭鶴瓶が凄んできている気がします。

若い頃に盛り上げ役を買って出て馬鹿騒ぎしてたのが未だに尾を引いているようです。

いや、呑むのは好きですけどね。最近は家呑みで十分ですよ。酔っ払ってから家に帰るのも面倒くさいし。

これが5,000円。

ここまでで既に15,000円超コースなのですが、この後が怖いのです。

 

年末に6泊7日の出張が予定されています。

長いだけでなく、否、長いが為にか。大人数での作業です。例の話の長い課長も居れば、飲み会大好きの他部署の人もいます。おまけに年末。

間違いなく忘年会まがいの、飲めや歌えの大騒ぎが、一度ならず二度三度行われることでしょう。

諭吉さんに羽根が生えて飛んでいくのが見える気がします…

あー、出張を断りたい。そうすればもう少しマイペースで仕事も出来るのに。

 

正直なところ、酒の席で仕事の愚痴を言ったり聞かされたりは好きじゃないんです。仕事を忘れたくて飲んでるのに。まあ共通の話題が仕事くらいしかないってのもあるのですが。

じゃあ無理して酒宴を開くの止めましょう?

一人で飲んでればチューハイ1〜2本で満足できるんだから、もうそれでいいですよう。出張先で宴会をされたら逃げ場もないし…

 

けどね、本部全体で行われる新年会は断りました。まあこっちは、ちょっと抜けても分からないくらい大人数ですし、顔も知らない人も多いから大丈夫です。

今月の出費が過大になりそうなら、その前後で締めるしか無いです。

 

ウィスキーが、お好きです?

こういう話題は需要があるのか分かりませんが、たまには目先を変えて。

以前にも少し話題にしましたが、

たまには息抜き。安くて美味しいウィスキー - あと3年で800万円貯めて隠居したい40代リーマンエンジニアの日記

私はハイボールが好きで、週末によく飲んでいます。缶のハイボールではなく、ウィスキーと炭酸を買って、家で割って飲んでいます。

炭酸にあまりこだわりはないので安物ばかり買ってますが(汗)、ウィスキーの方は色々と買い替えては違いを楽しんでいます。

とはいうものの、基本は1,000円前後で買えるものです。

 

その中で、最近のお気に入りはTEACHER'S HIGHLAND CREAMです。

アフィリエイトをしていないので、代わりにメーカーへのリンクを貼っておきます。

www.suntory.co.jp

 

これの何が良いかと言うと、意外なほどしっかりとピート香が効いています。

小難しい味の表現は出来ないのですっ飛ばしますが、ハイボールにしてもしっかりと味が際立っており、飲みやすく、そして美味しいです。

下手なウィスキーでハイボールを作ると、チューハイと何が違うの?ってくらい味がぼやけてしまいますが、これに関してはそんなことはありません。

 

そして価格ですが、以前はスーパーで798円くらいで販売されていました。今は少し値上がりして800円台後半くらいの事が多いです。それでも十分安いですね。

個人的には角とかブラックニッカより好きです。

 

このくらいの価格になってくると、さすがに「美味しい!」と思える銘柄は少なくなってきます。

一度、凛とかサントリーのREDとかに手を出してみようかと思うのですが、ロクな評判を聞かないのでなかなか思い切りが付きません(笑)

 

 

余談ですが、「酔えればいい」だけならスピリタスが最高だと思います。アルコール度数96%。世界最強の蒸留酒

ただし、エタノールのニオイしかしません。そのまま舐めてみたこともあるのですが、当たり前ですがほぼ何の味もしません。

果実などを漬け込んで果実酒にするのが普通の飲み方で、決してそのまま飲むお酒ではありません。

我が家でも、今はおとなしく押し入れの中で梅酒になるのを待っています。

 

残業時間が減ってい…

今月の収支見通しをざっくりと表計算に入力していて気がつきました。

目標積立と固定費積立を得るために必要な残業時間数が、当初最低でも23時間程度必要だったのが、18時間まで減っていました。

要因は色々あると思います。

 

まず今年4月のベースアップ。

携帯料金のポイント充当。

生命保険の見直し。

そして、払戻金から固定費積立の赤字補填をしたことにより、次回支払い額だけ積み立てれば良くなったこと。

これらの要素が積み重なって、必要な残業時間が5時間ほど減少したわけですね。

 

  だからといって早く帰れるわけではないんだけどな!

 

けどまあ、早めに黒字に持っていけるので気分的には少し楽になりました。

例え残業申請書の数字は何も変わらなくても…(泣)

 

残業5時間。金額にして大凡10,000円。

つまり目標積立を1万円上積みしても良いわけですね!

そうすればあと2年で24万円上積みできますね!

1ヶ月早く退職出来そうですね!

 

全くそのとおりなんですが、今はちょっとそんなシャカリキな気分になれません。

とりあえず黒字に加えておいて、年末年始にゆっくり休めたらじっくり振り返りながら考えてみたいと思います。

 

昼光色ではダメなのかな

雪国の人は、冬場にうつ症状を発症する人が多いと聞きました。

日照時間が短いのが原因だとかで、太陽光と同じ成分のライトの光を浴び続けるという治療法もあるらしいです。

私が住んでいる地方はそれほど雪は降りませんが、というか北海道でもない限り、さすがにまだ雪が降る季節でもないですが、最近気分がふさぎ込みがちです。

 

自分の平日の行動パターンを冷静に考えてみると、まだ暗いうちに起き出して、日も登らないうちに家を出て、日が沈んで真っ暗になるまで仕事して…

いつ太陽の光を浴びてるんでしょうか。

 

おまけに最近は、雨や曇りがちであまりスッキリ晴れません。ただでさえ短い昼間の時間から、更に日照時間が減少しています。

その上いつまでも腰が痛くて、寝返りも満足にうてなくて、睡眠の質も落ちている可能性は大いにあります。

うん、冷静に考えると何一つ気分が上向く要素なんか無かった。

さらにさらに、毎日毎日追い立てられるように仕事をしていては、元気になんかなれるわけ無いですなぁ。

 

 

最近、目標額は諦めて、もう少し早めに仕事を辞められないかとか考え始めています。

「早期退職」を意識しだしたせいで、余計に「早く辞めたい」と気が焦りだしたフシもあるとは思いますが、仕事量が問題ないならばこんな追い詰められた気分にもならないでしょう。

この先、再びリーマンショックのようなことでもない限りは仕事が減る要素も見当たりません。

 

あと2年ほど、耐えられるかなぁ。

 

 

追記:

タイトルを「もっと光を!」にしようと思ったのですが、縁起でもないと思ってやめました。

 

旅立ちの日

旅立ちの日は突然やってきました。

新人君が…いや、辞めてしまうわけではなく、異動になったわけでもなく。

出張に行ってもらうことになりました。一人で。

以前、社用車移動の出張には連れて行ったことがありますが、今回は電車移動です。

 

念の為、新幹線に乗ったことある?と聞いたら

「いや、無いです」

ということは○○駅とか××駅には…

「行ったことないですねえ」

まさかと思うけど切符の買い方…

「知らないです」

 

oh...

 

何も知らないのにいきなり送り出すわけにはいかないですから、切符の買い方から新幹線の乗り方まで、細かくレクチャーしました。

新幹線駅の構内見取り図まで駆使して、特急はこのホームに入線するから、階段登ったらここらへんに出てくるから、新幹線の改札を通る時はこれとこの切符を通して、どっち方面に行けば新幹線のホームに上がれるから。。。

 

未だかつて、ここまで真剣な新人君の顔を見たことがないかもしれません。

気分的には「はじめてのおつかい」かも。送り出す私も、送り出される新人君も…

 

まあ、駅構内にはいくらでも案内板があるので、それらを見て歩けばそうそう迷うことはないのですが、行ったことがないならそういう見当も付かないでしょうからねえ。

出来るだけ詳細に説明しましたが、最終的には「上を見ろ!主要な行き先は全部書いてある」「本当にわからなくなったら駅員さんを捕まえて聞け!」と纏めておきました。

 

 別に新人君を笑うつもりは毛頭ありません。私だって新幹線に乗ったのは今の会社に勤めだしてからだし。飛行機もそうだし、フェリーも、海外も…

正確には新幹線には「乗った」ことはあったんですが、自分で切符を買って一人で乗ったのは始めてでした。

あの頃はねえ、今のようにInternetで何でも調べられる時代ではなかったので、本当に大変でした。

時刻表を見ながら乗り換え電車を決めて、全国ビジネスホテルガイドという本を見ながら宿泊先を探して、片っ端から電話をかけて…

 

君の持っているそのスマホで、何でも調べられる時代なんだぜ?と言っても、調べられる事自体を知らなければ何も出来ないですよね。

慌てないので、最終的には知らないことを自分で調べられるようになってほしいです。別に出張に限らず、です。