赤い…

赤いですね…とっても赤いです。

表計算ソフトに入力した、投信や株価の評価額の動き。

先週から…いや、先々週の中頃から既に傾向は出ていましたが。

 

今週はじめ、月曜日だけで評価額の合計が25万円以上の値下がり。

木曜日だけ少し持ち直しましたが、一瞬油断させておいて金曜日、再び…

ここ最近で最高額を記録した9月13日より、実に50万円以上下がりました。

おおお…orz

 

まあ分かっててやってますから、こういう事もあると理解してますから、「もうFIRE続けられない」なんてことはないですけど。ないですけど。

 

気を取り直して個別に分析すると、やはり外国債券が強いです。

他に比べ、圧倒的に黒が目立ちます。今週月曜日の下げ幅には怯みましたけど、まだ以前の評価額には戻っていませんけど、それでも少しずつ値を戻しつつあります。

 

あと、意外と国内株も健闘しているんですね。

円相場はガタガタですが、それでも日銀が利上げしない原因はこれでしょうか。

ここで利上げしてしまったら株まで下がってしまうと、そういうことでしょうか。

それが中長期的に利点となるのか、傷を広げるのか、ちょっと分かりませんけども。

 

アライさんも、NYダウ平均の下げ幅を考えると健闘しているように思えます。

あくまで相対的な評価であって、キツイ状態であることに変わりありませんけども。

 

J-REITは…値動きの幅は地味なのですが、もともと評価額が下がっている上に年初来ずーっと右肩「下がり」なので、総合的に辛い状況です。

今は、追加投資の対象としては考えられないです。

コロナ前は比較的安定していて、分配金の不安もなかったので良かったのですが…

 

先日のインベスコももうちょっと調べて、真剣に考えてみましょうかね。

これがいよいよ最後

9月も末となりました。

というわけで今月も収支の締めを行いました。

今月は、今月で、いよいよ最後です。何がって、失業手当がです。

来月からはもう手当の支給がありません。今後はいよいよ、減るばかりのフェーズに突入します。

さて、私のガラスのハートは耐えられるのでしょうか。

 

8月以降の失業手当が少し増額されたこともあり、今月の収入は過去最高額となりました。

対して今月は税金等の支払いもなく、支出は少なめでした。

そのため先月末時点と比較して貯金額は増加。

なんとか有終の美を飾ることが出来ました(?)

 

…まあ、貯金が増えた傍らで、株や投信の評価額はとんでもないことになってるんですけどね。

 

相変わらず、生活費を除いたところの出費は微々たるものです。ただこれは、近いうちに旅行に出るための資金としてプールしています。

行楽の季節になり、コロナも少し落ち着いてきて、旅行にはいい季節ですね。

 

問題は生活費です。相次ぐ値上げの影響で、食費などが確実に増加しています。

母曰く、今のところはギリギリ収まっているとのことでしたが、来月(もう明日)からまた値上げが行われますし、戦争が終わらないことには今後も継続して値上げが続きそうです。

そうなると生活費足りないからもっとよこせと言われそうで…

問題の戦争も終わりが見えないというか、ますます混迷を深めそうなありさまで…

 

無力なイチ市民としては、じっと黙って耐えて見守るしかないですが、ロシアには早く撤退してほしいですねえ。

エアコンの仕舞い方

今週末も台風が日本に接近するかもと言われています。いくら台風の季節といっても、決まって週末に来なくても良いんじゃないですかね。

まあ今度はよほど運がよくなければ来る程度のように思えますが…まだ予報円が大きいので油断は出来ませんけども。

 

とりあえず台風のことを置いておけば、気候的にも涼しくて過ごしやすい日が多くなってきました。

まだ昼間は蒸し暑いことも多いので扇風機は片付けられませんが、もうエアコンを使うことは無いかなと思います。

 

先日、エアコンを片付ける前には「送風で半日ほど稼働させる」と良いという記事を見ました。

確か、どこかの大手メーカーさんのツイートだったかだと思います。

送風を使うことで、エアコン内部の湿気が取れて、カビが発生しにくくなるのだそうです。

 

なるほど、良いことを教えてもらいました。

今年、夏のはじめにリビングのエアコンを掃除しましたが、手の届きそうにないところに黒カビが発生しているのを目にしていました。

もう今さら感はありますが、これ以上繁殖させないためにもやっておいて損はないでしょう。

 

と思ってやってみようとしたのですが…細菌のエアコンって「送風」が無いんですね…

リモコンを眺めてしばし「???」となって、取説を引っ張り出してみましたが、やはり記述がありませんでした。

まあ、確かに、ほぼ使ったことない機能ですが、以前は当たり前のように付いていたので、今もあるものだと思っていました。

せっかく良いことを教えてもらったと思ったのに…

 

仕方がないので、念入りに「手動お掃除」をしておくことにしました。

大人を絶望の淵に追い落とす漫画

ジャネーの法則ってご存知ですか。

私は聞いたことがある程度でしたが、Walker plus にちょっと面白い漫画が紹介されていました。

www.walkerplus.com

 

小学生が夏休みの自由研究で、大人たちにジャネーの法則について説明して感想を教えてもらうといった内容です。

 

正直なところ、あたってるかどうかを実感できるものなのか、そしてそれを説明できるものなのか、よく分かりません。

まあ大抵の大人は実感として「子供の頃よりは1年が経つのが早い」と感じているとは思いますが…

 

ジャネーの法則の理由は、自分の人生における「1年」の比率が年々小さくなってくるからだと言われています。

1歳の誕生日を迎えたばかりの赤ん坊にとっては1年間は人生の全てですが、私にとっては1/48でしかないということです。

 

私は心理学者でないので、「そうだとして、何故それで1年の体感速度が変わるのか」までは分かったような分からないような気分ですが、体感としては全く正しいとしか言いようがありません。

小学校の6年間なんて、なんだか永遠に通い続けているような気がしていましたから。それに比べて社会人になってからの6年なんてあっという間だったような…

 

ただ体感としては早くても、その1年を我慢できるかどうかは全くの別問題のような気がします。

短くても、あと1年仕事を続けられる自信はもうなかったです…

まあ「あと3年で!」なんて目標を立てていたから余計にそうだったんだろうとは思いますが。

…けど振り返ってみると、仕事を辞める直前の3年間は結構長かった気がしますねえ。

 

法則は法則として、なにか明確な目標を持って、計画をこなしていけば、少しは体感速度が変わってくるんでしょうか。

 

集中力がほしい

筋トレをしている間、セット数や1セット中の何回目かってのをカウントしています。

また1回の動作を7秒単位で行うと決めているので、今何秒目かということも、時計の秒針の音をもとに数えています。

そしてこの数字が、時々分からなくなってしまいます…

 

さすがにずーっと真剣に数えていても分からなくなるほど認知機能は衰えていませんが、ふと何か余計なことを考えてしまった時、あるいは思ったより披露の蓄積が早く、ふと気が緩んでしまった時、「あれ?今6回めだっけ?7回めだっけ?」となってしまうのです。

 

もう、集中力がなさすぎて嫌になります。

これは仕事を辞めた弊害でしょうか。仕事を辞めてから、長い時間集中し続ける機会は減ったように思います。

だとしたら、これは何かトレーニングをしたほうが良いかもしれませんね。

けど何をすればいいんでしょうか。

・・・座禅とか?けどあれこそ誰かに付いて教えてもらわないと、独学では無理だろうなあ。

 

まあ何か新しいことを考える前に、トレーニング中は数字をカウントする以外のことを考えないようにするのが一番手っ取り早いかもしれませんけども。

さようなら、シルバーウィーク

シルバーウィークが終わり、通常サイクルの週が戻ってきました。

無職のくせに平日も休日も関係ないでしょ。と思われそうですが、あります。

私が無職であることは一部の人にしか言っておらず、大方の親類縁者(と言ってもその数もたかが知れてますが)は、私がまだ会社員だと信じて疑っていないです。

なので平日は仕事をしているかのように振る舞わなければならないわけです。間違っても外でばったりはマズい。

 

言ってない理由は様々ですが、一部に「暇ならウチのこと手伝ってよ」と、なんの関係もない用事を持ちかけてくる人がいるので、この人は最後まで騙し続けないといけないです。

親戚ったって、特に親しくしてたわけでもないのにですよ。

(ちなみに、その人が私や私の親を手伝ってくれたことは、ほぼありません)

 

というわけで休日は休日の、平日は平日の身の振る舞い方を、無職にも関わらず使い分けなければならないのです。

面倒くさい…

どうしてもという時は「ゆ、有給休暇取ったので…」と言うつもりです。

 

まあ、出会っちゃいけない人の近所にさえ近寄らなければ、あとは行動しやすいのも平日の良さです。

通勤・帰宅の時間帯を避ければ道は空いてるし、どこに行っても人は少ないし。

なので通常サイクルの週のほうがありがたいですね。

仕事をしていた頃とは真逆の考えになってしまいました。

12,000を巡る戦い

筋トレと同様、ウォーキングも一定の目標を設定し、それを毎回クリアするように自分に課しています。

それが「12,000歩」。一回のウォーキングで歩く歩数です。

 

何故1万歩ではなく、ちょっと中途半端な1.2万歩なのかというと、私が契約している医療保険の・・・別にぼかす必要もないので言いますと、住友生命のVitalityでは、1日に一定の歩数を歩くとポイントがもらえるのですが、その上限が1日1.2万歩なのです。

これ以上はいくら歩いてもポイントが増えないので、ギリギリこの線を狙いながらいつもウォーキングしています。

 

歩数のカウントはスマホのGoogleFitで行い、同期させることでVitalityのアプリに歩数が取り込まれます。

そして歩いた歩数に応じてポイントが付き、一週間に一定のポイントをクリアすると、提携先のコンビニ商品などの無料引換券が貰えるという寸法です。

また、1年間の合計が一定のポイントを超えると、翌年の保険料が安くなるという特典もあります。

 

まあそれらの特典を鼻先にぶら下げられた馬のごとく、私は歩いているわけですが…

GoogleFitの歩数カウントって、ちょっと変なのですよ。

「12,000歩を越えたな」と思っていても、夕方にチェックすると100〜200歩ばかり勝手に減っていたり。

それで12,000歩を割り込んでしまい、貰えるポイントが減ってしまったこともありました。

なんで勝手に減るんでしょうかね。

 

そんなわけで、いつも少し余裕を見て、300〜500歩くらい多めに歩くようにしています。

さすがにこれだけの歩数が減ることはないようです。

 

今日もウォーキングから帰ってきたらちょうど12,000歩程度。なのに、お昼すぎに確認したらやっぱり12,000歩を割り込んでいました。

今日中にまた少し歩いてこなければ…