久しぶりのバイクは初心者に戻っていた

ようやく花粉も終わり、天気も安定した日が続くようになってきたので、久しぶりにバイク(ホンダCC110)を引っ張り出してきました。

気がつくと一ヶ月以上全く走っていませんでした。

車は一週間以上エンジンをかけない日が続かないように注意しているのですが、バイクはそこまでこまめにメンテナンスをやれていませんでした。

ただ、それでも一発始動してくれるのは頼もしいです。バッテリーもビンビンでした(計測してませんけど)。

 

バイクは絶好調でも、乗り手はちょっとブランクが長かったようです。

右旋回が怖くて、ちょっと戸惑ってしまいました。

 

バイクに乗っている方なら分かっていただけると思うのですが、なぜか、右旋回を苦手とするライダーは多いです。

同じ半径で旋回するにしても、左なら問題ないのに右は怖いという方は一定数おられます。

私も一度は克服したつもりでいたのですが、体で理解するところまではいけていなかったようです。

もう一度、基礎からやり直しですね…

 

平日の昼間は、休日に比べると車も少なく、走りやすいですが、そのかわりにやたら飛ばす車がいたり、逆に道を探しながら走ってるかのような妙にノロノロした車がいたりと、休日とは違う緊張感があります。

てかね、制限速度30km/hを道を物凄い速度差で追い抜いてったあの車!

ほぼ確実に一発免停レベルと思うのですが、よくやりますね。

移動式オービスが何時どこで見張ってるかわからないご時世なのですよ。

 

無駄なお金をむしり取られることの無いよう、お互い落ち着いて走りましょうよ。

ゲームは変わらず楽しい。けども

退職後、多分こういうことになるだろうと思っていたけどならなかったことがいくつかあります。

そのうちの一つがゲームについて。

ゲーム時間が、ヘタをすると際限なく増えてしまうのではないかと思っていましたが、意外なほど増えませんでした。

 

その代わりに長くなっているのが、動画の視聴時間です。

Youtubeがメインですが、ABEMA、TVer等、いろんな動画を見ています(無料で見れるものばかりですが…)

今のところ、興味もない動画をダラダラ見続けるというような自体にはなっていませんが、興味があるものはいつでも何度でも見られるので、ついつい視聴時間が長くなっていくようです。

ゆるキャン」なんか、一体何回見たっけなぁ…

 

ゲームへの関心が無くなったわけではないですが、買おうと思っていたNintendo SWITCHも結局買ってませんし、少し興味が変化してきたようにも感じます。

今まではゲームくらいしか出来なかったのに対し、色々チャレンジする時間が出来たからでしょうか。

とは言うものの、大してチャレンジしてないんですけどね…

ウォーキングと筋トレは続いてますが、これはチャレンジとは違うしなぁ。

 

けど計画している(忘れてません)山道10km制覇が一番手近なチャレンジなので、まずはこれのクリアを目指しましょうかね。

エアコンの自動お掃除機能って意味あるのかな?

しばらく涼しい日が続いていましたが、ようやくと言いますか、夏が近づいてきているというような日が続くようになってきました。

というわけで、試運転も兼ねてリビングのエアコンの掃除を行うことにしました。

試運転と言うならもう少し早い頃にやっておくほうが良いかもしれませんが・・・

 

我が家のリビングのエアコンは自動お掃除機能付きのものです。

そのため「掃除しなくて良いんでしょ?」と思っていたのですが、しなければいけないそうです・・・

じゃあ何のためのお掃除機能なんだよ。とツッコミを入れたいですが、きっと手の届かないところを掃除してくれているんでしょう。

取説を見ると、キチンと掃除の仕方も書かれているし・・・

 

そんな訳で取説とにらめっこしながら外装パーツやフィルターを外していきます。

一部動きにくいところもありましたが、概ね問題なく外せました。

それにしても、バラしながらも舞う埃、ホコリ、ほこり・・・本当に自動お掃除してくれてるんだよね?と言いたくなるほど、隙間という隙間に綿ぼこりが詰まってます。

そりゃまあ、掃除機能が働かない隙間の埃は取りようがないですが。

 

リビングに設置しているだけあって、どことなくベトッとした油汚れのようなものも感じられます。

そして通風口のフィンの隙間から奥を覗くと、黒々としたシミのようなものが・・・え、カビ?本当に自動お掃除してくれてるんだよね?(二度目)

けどそこは手が届かないのでどうしようもありません。

 

可能な範囲で汚れを拭き取り、元通り組み付けてから試運転開始です。

各可動部が問題なく作動し、冷風が出てくることも確認。とりあえず問題は無さそうです。これで夏を迎えられます。

 

その後、取説をもう一度よく読み直したところ、エアコンの「内部お掃除」とは物理的に掃除をするわけではなく、カビの繁殖を抑えるためにエアコン内部の温度を上げて乾燥させるとのことでした。

・・・てことは、使っていない間も定期的に内部お掃除をしたほうがいいってことでしょうかね。

しかし、フィルターお掃除機能もあるはずなのに、そこに埃が溜まっていたのは納得いきません。

 

好景気の気配が見えない

今週の相場ですが、値動き幅が大きかったものの、最終的には大きく崩れること無く終わりました。

先週末と比べて少し下がりましたが、概ね横這いと言えるかもしれません。

ただ週の中はジェットコースターの如くでしたけどね…

 

週明け月曜日は国内株とJ-REITが下がり、持ちこたえたように見えた外国債とアライさんはその翌日に下がる…といった感じでまるでシーソーのような値動きでした。

その間にダイワJ-REITの分配日がありましたが…当然のように全額払い戻し。

寂しいですねえ。

 

分配金が出なかったダイワJ-REITはそこそこ基準価額を下げましたが、その分現金が増えました。

他、まだ詳報が届いていないのですが、配当金もいくらか振り込まれています。

 

激しい浮き沈みを繰り返しながらも、今のところはなんとか高度を保っているアライさんですが、アメリカの経済が思っていた以上に良くないようで、先行きが不安です。

中国が上海のロックダウンを緩めたということで景気の先行きを楽観視する傾向もあるようですが、あの国はいつまたロックダウンを敢行するか分かりませんし。

 

世界経済はいつになったら安定に向かうのでしょうか。

 

誤送金事件の男性は第二の人生の夢を見たのか

山口県阿智町の4,630万円誤送金事件について、ついにお金を受け取った当事者が逮捕される事態となりました。

容疑は「電子計算機使用詐欺」となるそうです。

 

人を騙してカネを振り込ませたわけではないのに?

と思ったのですが、色々な記事を合わせて読んで見る限り、どうやら銀行に対して『不当に得た利益にも関わらず、あたかも自分の金銭であるように引き出した』事が対象なのだとか。

なんだかややこしいですね。

しかもお金を引き出したタイミングが、町から連絡が来て一旦は返すと返事をしたあと、という事で過って送金されたものだと知らなかったわけではないようです。

 

当人はオンラインカジノで全て使ってしまったと言っていますが、もっぱら4,630万円が本当にもう無いのか、ニュースでも色々と噂されています。

容疑者は、すぐに返さなければいけないと知りつつどうしてカジノに突っ込んだのでしょうか。

 

私は経験ありませんが、集金で集めたカネなど、自分のものではないカネをFXやパチンコに突っ込んでしまう人と同じ心理のように思えました。

つまり、これを元手にカネを増やそうと考えたのではないでしょうかね。

端から返す気がないなら、町役場からの連絡に出ずにそのまま行方をくらましてしまうことも出来たはずです。

まあ4,630万円ぽっちで、24歳からの残りの人生を謳歌するのは難しいでしょうが…

 

「これだけ元手があればちょっとくらい勝てるはず…」と魔が差してしまい、結果何もかも無くなってしまったというのは、シナリオとしてはありそうな気がします。

まあ「35歳 第二の人生頑張るぞ」のコピペ読み過ぎかもしれませんけども。

 

というか今回の事件、まあ当事者の問題はあるとしても、町の担当者も、銀行も、ちょっと脇が甘すぎませんかね。

凄い大金が動くと言うのに、随分ザルなチェック体制に思えます。

まあ個人的には大金ですが、役場や銀行が日々扱っている金額としては平凡なのかもしれませんが。

 

三度めの失業認定

昨日の水曜日、久しぶりにハローワークに訪問していました。

3度めの失業認定のためです。これにて2度めの失業保険を受け取れます。

失業してから既に4ヶ月経過しているのですが・・・(まあ1ヶ月放ったらかしてたのは私自身なのですけども)

先月はわずか9日分の支給でしたが、今月はようやく満額いただけます。

ochiblo.hatenadiary.com

 

額面は非公開と致しますが、これなら一ヶ月生活できそうです。

ただしちょうど支払いを求められている自動車税、固定資産税を差し引くと、もう残り僅かです。

先月の支給額で払いきれなかった健康保険を補填すると何も残らないかも…

セーフティネットがあっても、現実は厳しいですねえ。

 

失業認定と同時に、次のセミナーの予約をしてきました。

セミナー予約とセミナーの受講で、活動実績が2回付きます。

まだ受講日は先ですが、これで3度めの給付の目処も付きました。

けどそろそろセミナーばかりではダメ(確か、同じセミナーの複数受講は実績にならなかった筈)なので、次の手を考えなければなりません。

 

そりゃ0円は無理でしょ

MVNO大手のIIJmioが、本人確認や商品発送などの手続きに遅れが生じていると報道されています。

www.itmedia.co.jp

 

原因について、IIJmio側はハッキリとしたことを言っていませんが、どうやら社内でトラブルが起きたとか、そういうったことでは無さそうです。

「お察しいただければ」とは、なかなか聞いたことのない対応です・・・

 

私はIIJmioを長年使用しています。

昔に比べて通信速度が落ちたとはよく言われますが、手続きやSIMの発送等で著しく待たされたことは一度もなく、そのため非常に信頼できる会社だと思っていました。

今回、よほどのことがあったのでしょうねえ…

 

その「よほどのこと」についてですが。

…たぶん皆さんご存知のことと思いますが、楽天モバイルが0円プランの廃止を発表しました。

それが影響しているのではないかと、ネットではまことしやかに囁かれていますね(IIJmio側は全く触れていません)

 

勿論IIJmioに0円プランはありませんが、同社ギガプランのeSIM最低料金と、auが提供するpovoの通話のみのプランを合わせるとかなり安く月額利用料を抑えられるらしいです。

そのためにIIJmioとpovoに転出が殺到しているのだとか。

(povoについては、私は調べていませんので、間違いがあったらすみません)

 

 

それにしても…

楽天も新規顧客を獲得するために客寄せパンダが必要だったのかもしれませんが、0円プランなんか出してきたら、本当に0円で使い続ける層が少なからず存在することに気が付かなかったんでしょうか。

昔、0 SIM(ゼロシム)なんてサービスがありましたよね。あれもすぐに終わりましたよね。

まさか楽天の幹部はそれを知らなかったんでしょうか。それとも「うちの顧客はちゃんとカネを使ってくれる」と考えてたんでしょうか。

 

0円で提供している以上、顧客がそのルールに沿った上でカネを払わないのは何の問題もありません。

それで「ずっと使われても困る」と言われてもね。だったら最初からそんなプランを出さないか、0円で使える期間を区切っておけばよかったのに。

しかも代替プランの最低料金がそれほど安くないため、ユーザーから見たらかなり印象が悪いのではと勘ぐってしまいます。

私のように「サービス内容に比べて安い」ではなく、「絶対的に安い」が必要なユーザーもいるのですから。

 

個人的には楽天は(というか、あの社長が?)あまり好きではないので、どうなろうと知ったことではないですが、もうちょっと穏便に、転出者を出来るだけ出さずに0円プランを終了させる方法はなかったものか…と思いました。